24 Decプラチナバンドへの対応がポイント

最近のドコモ参入を受けて、iPhoneユーザーにとっては機種変更だけではなく、キャリアの選択も悩みの種になっているのではないでしょうか。
現在主流になりつつあるLTEのつながりやすさを重視する人も多いはずです。
いつでもどこでもつながるという点に絞って考えるなら、プラチナバンドと呼ばれる800Mhzがカギとなりそうです。
このプラチナバンドに対する対応次第で、国内主要3社の勢力図が大きく塗り替えられることが予想されます。
つまり、ユーザーにとってはプラチナバンドへの対応がキャリア選びのポイントとなるわけです。
各社ともさまざまなデータを打ち出して、自社のサービスを選ぶべき理由を明らかにしています。
そのような中にあって、独自のサービスを上手に利用しながら、LTEでの通信を楽しんでください。

Comments are closed.